RANGIROA

世界的に有名なダイビングのメッカ、日本人ダイバーにも人気の高い、ツアモツ諸島にあるランギロア。 ワイルドな外洋と、静かなラグーンにはさまれた100mほどの幅の島が点々と繋がって、世界で2番目に大きな環礁を持っている。また、高い山が無いため、雲も集まらず、晴天率も高い。 メインポイントではサンゴが少なく、色味が乏しいが、間近に肉迫するマンタやサメ、バラクーダやイソマグロの大群もそこかしこに。 次々と現れる大物たち、1年分の大物を1回のダイブで見れてしまう勢いだ。 透明度も最低で30m、だたし、全般的に 流れは速く、水深も深めで、中級~上級ダイバー向け。

------------------------------------------------------------------

PageSpinner

PageSpinner

主なポイントは空港のある島の両側にある、アヴァトル・ パスとティプタ・パスに集中している。 その片方、ティプタ・パスは、リーフエッジに常時 50匹ほどのメジロザメが回る、サメだらけの、ド迫力ポイント。 パスを流れる潮に乗り、ドリフトしながら大物を眺めていくので、 中性浮力はしっかり取れるようにしたい。 日本からのメール予約は、日本語でOK。     

バラクーダ Barracuda

  ボラボラでは時おり、体長が1.5mほどもある、巨大なバラクーダが、単体で泳いでいるのを見かけることがある。 これに対して、ランギロアでは1m大のバラクーダが群れになって泳いでいる。       アヴァトル・パス

アヴァトル・パス

   ランギロアの空港のある島の西側のポイント。ティプタ・パスと並ぶ ランギロア2大パスのうちのひとつ。   「1ダイブ・フルコースポイント」の筆頭格。 ティプタ・パスに比べるとそれほど流れも強くなく、水深も浅いので ゆったりした気分で潜ることができるのが魅力。   「ナポレオン・マンタポイント」では、ほぼ100%の確立で、ナポレオン、サメ、マンタが見れ、バラクーダやカマス、タカサゴなどの群れが目白押しで出現。 運がよければ、ハマーヘッドも現れる、エキサイティング なダイビングを満喫できる。 「ツナ・ポイント」では、潜水すると、まずは餌付けで慣ついたナポレオンがやってくる。 イソマグロとの遭遇は、午後の方が確率が高い。  

PageSpinner

PageSpinner

    マ フ タ    アヴァトル・パスの内側にある、 マフタ島のそばのポイント。    川のように流れていることが多いが、 10~3月はマンタの編隊を見れるチャンスが大。海底を埋め尽くす勢いの回遊魚の量も、驚異的だ。

アクアリウム

   ティプタ・パスの内側にあるポイントで 、 体験ダイバーやビギナー向けの安心スポット。 水深3~15メートルの明るいホワイトサンドに、スダレチョウチョウウオなど    のトロピカルフィッシュが乱舞。 砂地には2メートル近いホワイトチップやクラウンフィッシュもいる。  

ティプタ・パス

   空港の島とティプタ村との間にある、外洋とラグーンをつなぐパスで、潮の通りがよく、大物たちが次から次へと現れる。潮によって潜るごとにメニューを変えつつ、 必ずといっていいほど特大級の大物を見ることができるので、 何度潜っても飽きることがない。   イルカも1年を通して毎日のように現れる。  各種サメやハマーヘッドが常連。     

 シャークポイント

  ティプタ・パスのアヴァトル村側。水深20~30mくらいのリーフの棚にケーブがあり、グレーシャークがのんびり休んでいる。 なだらかなドロップオフの下、水深30~40m あたりに、何百匹というグレイシャークの大群やハンマーヘッドが    渦巻くさまは圧巻だ。マンタ ほどの大きさの、巨大なマダラトビエイが出現することもある。

 バラクーダ・ポイント

   ティプタ・パスの外側のダイナミックなポイント。水深15~30m くらいの棚から60mほどのドロップオフになる。 棚には紫色のハナゴイやフエダイが群れていて色鮮やかだ。 水深40~50mあたりには、数百匹の グレーシャーク群れている。

PageSpinner

PageSpinner


SCUBA

HOME

Email: BBD DIVING---- BOOKING
E-Mail: fukiko@borabora-discovery.com